富士山フォト

富士山フォト

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Shadow
Slider

 
富士山は奈良時代末から平安時代に活発な活動をしていたようで、800年には延暦大噴火、864年には貞観大噴火をおこし、史書にその状況が記載されているようです。その後、室町時代中頃から再び活発化し江戸時代の1707年には宝永大噴火をおこしますが、この噴火で斜面の火口(宝永山)ができたとされています。