令和の主人公・大伴旅人は酒が大好き!

「令和」の元となった「梅花の宴」は730年の大宰帥・大伴旅人の邸宅で行われました・・・

Read more

来島海峡大橋

しまなみ街道に架かる来島海峡大橋。全長4105m。

Read more

和服姿の歩行者用信号機

高知で見つけた和服姿の歩行者用信号機。 最初、レトロで粋な信号機だなぁと感動しましたが・・・

Read more



ツインシー(ド)は小人数で仕事に取り組まれている企業を応援します!!

ワードプレスで使用しているMYSQLは? 
投稿日2019年9月9日
昨日、久しぶりにワードプレスに対応しているDB(MYSQL)を調べたのですが、DBが多すぎてどのページとどのDBが対応しているのか理解不可能な状態に陥ってしまいました。 そこでネット検索すると、wp [...]





徒然なるままに、ツーリング、旅、歴史、バス釣り、競馬、パチスロなどなど、心に残った思い出を綴っています。

凹んだ話 ー東京編ー 
投稿日2017年3月17日
私は20代前半を首都・東京で過した。いつの時代も若者が集まって来る都市だ。 凄く魅惑的で、かっこよくて、いろんな人や物に満ち溢れ、それでも淋しくて、苦しくて、孤独であり、しかし確実に楽しい街であった。 [...]








WordPress個人ユーザーのためのテーマモデル集!!


WPT raindrops 
投稿日2017年12月21日
  【テーマ】 raindrops 【作成者】 Tenman 【特 徴】 シンプル&クールなテーマ。メニューボタンが立体的でシシンプルなのに高級感のあるページが作成できます。また [...]





ClubTwinHut

複数のWordPressのページを管理していましたが、ページ数が多くなり過ぎて全てのページに手が回らくなってしまいました。そういった訳で個人のページはClubTwinHutとしてひとまとめにしてみました。これで多少は遊びの時間を捻出できそうです。

 
 


 

 

最新の記事10件をすべて表示

 
 
 


 
 

【注目の記事】

最近のお奨め旧作ビデオ 投稿日2019年12月29日
ずいぶん以前にみた映画ではやっぱタイタニックはよかったが、最近はトンと映画館へ足を伸ばした事がない。 ただ百円ビデオはたまに借りて鑑賞しているのであって、その中でもおもしろい作品にめぐり合うことがあ [...]

私は必ず失敗をする。 投稿日2019年11月5日
昨日は嘉麻市の「一夜城」の撮影に行って来たのですが、なんと一夜城は撤去済み、「一夜城まつり」前後2週間ほど一夜城は設置されているとの情報を頼りにしていたのですが、近くのコンビニの店員さんにお聞きすると [...]

子供を教育するには・・・ 投稿日2019年8月31日
「子供を教育するには、よほど気を付けんといかん。 あまり学問々々といって居ると、口ばかり達者になってじきに親爺をやりこめるようになるよ。 (中略) しかしそういう息子のある家の庫(くら)には遠か [...]

野上一閑と三奈木弥平次 投稿日2018年12月17日
大友氏が島津氏に大敗を喫した耳川の戦いから3年、筑後平野では秋月氏や龍造寺氏が弱体化する大友配下の諸城に攻めかかります。これに大友宗麟は救援の軍を送りますが、この兵の中に野上入道一閑という豪傑がおりま [...]

説教は大変だ!! 投稿日2018年5月1日
最近、つくづく説教とは大変だと思います。幸か不幸か仕事では説教などできる立場になったことはありませんが、身内にはヤッパリ必要で、やらざるを得ない場面が度々起こります。説教とは後進を良き方に導くために行 [...]

カーリングは面白い!! partⅢ 投稿日2018年2月19日
な、な、なんだー、この展開は・・・ カーリング女子、強豪スウェーデン戦。第8ENDを有利なはずの後攻で得点献上。この時点で2-4、ここで「TheEnd」と思っていましたが、第9ENDは2点獲得で追い [...]

芦屋の史跡 -義将二人- 投稿日2017年5月3日
豊後の緒方氏の兵に大宰府を追われた平家一門は博多の東の箱崎を抜け、そこから東の海岸沿いに遠賀川河口の山鹿へ向かいます。 山鹿といえば熊本県山鹿市が有名なのですが、福岡県遠賀郡の芦屋町にも山鹿という土 [...]

天才に勝つ方法は? 投稿日2016年12月16日
今、テレビで「最強の頭脳 日本一決定戦」というクイズ番組をやっている。 これはスゴイ!なんでこんな問題がわかるんだろう?どんな発想なんだろう? 私も、すごく頭の切れる人は見てきたが、ホントにこんな [...]

究極の堰・山田堰 投稿日2016年10月22日
朝倉市山田にある「山田堰」は筑後川の北側の農地に農業用水を取水するため江戸時代に130年ほどかけて建造されました。 筑後川の北側の地域は筑豊地区と筑後平野を隔てる山地の裾野に当たり、高低差で筑後川の豊 [...]

Am I a rich man? 投稿日2016年8月15日
二十年程前の最初で最後の海外旅行。 ワイキキのとあるホテル。三泊四日の最後のディナーは最上階の高級そうなレストラン。 料理とワインで満足した後はほろ酔い気分でお支払い。最終日の夜という事で財布の中 [...]

「漢委奴国王」の読み方は? 投稿日2015年11月16日
金印「漢委奴国王」の読み方は「漢の倭の奴の国王」という読み方が通説となっているようで、高校の授業でもそう教えられた記憶があります。また福岡博物館のサイトにも「王朝名(漢)の次に民族名(倭)、そして部族 [...]

自由の気風の「亀井塾」 投稿日2013年6月26日
 -昭陽先生と生徒たち- 「漢委奴国王」の金印を鑑定した父・亀井南冥(なんめい)の後を継ぎ、私塾「亀井塾」を起した昭陽先生はある日、近隣・若者組の神事用・幟(のぼり)の揮毫(きごう)を快く引き受けます [...]

上杉鷹山の祖は筑前人? 投稿日2012年9月22日
「なせば成る なさねば成らぬ何事も 成らぬは人の なさぬなりけり」 (「やればできる。やらないと事は成せない。やれないのはその人がやれないのではなく、やらないからだ。」) と言ったのは、江戸時代中頃 [...]