Win10用自作PC完成!!

win7がサポート切れということで現在のPCにWin10を載せ替えようと考えたのですが、Win10の使い勝手に不安があったのでしばらくは現行PCはネットより切り離して残すことにしました。
そういった訳でWin10用に新規PCの作成となりました。まずはヤフオクで部品の調達、マザボとCPUを落札し、さっそく組立開始、数日かけてやっとの事で完成しました。

自作PC作成履歴
① ヤフオクでマザボ LGA1150(ファン付き)を6K円チョイ超えで落札
② ヤフオクでCPU i7-4790K(ジャンク)を6K円チョイ下で落札
③ AmazonでSSDを約2.5K円で購入
④ 以前使用していたPCケースを引っ張り出し、余っていた電源ユニットを装着
⑤ ①②③をケースに装着
⑥ 余っていたグラボとメモリをマザボに装着、HDDを3台ケースに装着
⑦ スイッチオン

ありゃりゃ、ファンの羽が僅かに動くものの電源が入らない。
時間をかけていろいろ手立てを講じるが効果なし
ネットで調べるとBIOSのバージョンが低いのではという情報が
ただBIOSのバージョンを書き換えるにはPCをとにかく立ち上げる必要があるとのこと

⑧ ヤフオクでCPU i3-4130 を1K円チョイ超えで落札
⑨ 現行PCで最新BIOSをダウンロード
⑩ CPUをi3に交換し立ち上げWin10をインストール、その後⑨のダウンロードデータでBIOSをバージョンアップ
⑫ CPUをi7に戻し、スイッチオン

ありゃ~、やっぱり電源が入らない。
チップセットの方もバージョンアップするも動かず・・・
これは、不具合CPUを掴んでしまったに違いない・・・
動作未確認のジャンク品だったので仕方がない。やっぱり高額品は動作品を落札すべきと反省
レスポンスはそう悪くないので、しばらくはi3でやって行くかと

⑫ CPUをi3に戻す
⑬ Amazonで無線LAN子機を約2.5K円で購入し装着しLANの接続 
⑭ 以上でWin10用自作PCの完成

部品の大半は手元にあったということもありますが、約18K円で新自作PCが完成しました。

ニコンD80のジャンクは修理可能ですが、CPUは修理できないことを想定していませんでした。
i7-4790K の動作品の相場は約20K円。もうちょい下がるまで気長に待つとしますか。