才谷屋跡

才谷屋跡

坂本龍馬の本家
豪商
才谷屋
坂本龍馬の本家である才谷屋は、
坂本家四代(当時は大浜姓)八兵衛守之が
寛文六年(一六六六)に長岡郡殖田郷才谷村(現南国市)
より高知城下本丁筋三丁目(現上町三丁目)に
移住し、妻佐耶と二人で借家で質屋を、
始めたのが始まりで、屋号は出身地の名より
才谷屋とした。
後に酒造業、諸物品売買にも手をひろげ、
才谷屋の基礎を作った。
二代正禎は本丁筋年寄役を命ぜられ、
三代直益のころに才谷屋は、
城下屈指の豪商となり、次男直清に才谷屋を継がせ、
長男直海を明和七年(一七七〇)に
本丁筋一丁目(現上町一丁目)に郷士株を
取得し分家させ、郷士坂本家の祖とした。
郷士坂本家はその後八蔵直澄、
八平直足(養子)、権平直方と続き、
坂本龍馬直柔は
天保六年(一八三五)
十一月十五日
権平直方の弟として誕生したのである。

コーヒーハウス

さいたにや


コーヒーハウス才谷屋に置かれる案内板より



Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です